結婚式のクライマックス!両親へのプレゼントは印象的に

Happy gift感謝の気持ちを伝えよう

相場や贈り物の考え方

花

結婚式のプログラム

周囲の人や親戚に結婚したことを知らせるために結婚式は行なわれます。このため、様々なプログラムが行なわれますが、最も重要なのが両親への感謝の気持ちを示す場面です。
手紙を贈ることも多いのですが、プログラムの中では同時にプレゼントも両親へ贈られることがあります。

皆のチョイス

贈り物はあまりにも高価なものだったり安かったりするとよくありませんので、平均的な値段のものが選ばれます。
では平均はどれくらいなのかというと、一万円から五千円の間だといわれています。二万円以上の人もいますが、ごくまれだといえます。

選ぶための考え方

なぜあまり高いものは好まれないのかというと、両親という身近な存在に対するプレゼントですし、見えを張っているように見えるものはあまりよくありません。
一番大切なのが、今までの感謝の気持ちや、過ごした時間を象徴するものを選ぶということです。そのため手作りのものを贈る人もいます。

気持ちを込める

お返しのための贈り物は気持ちがこもっていることを伝える必要があるため、手作りであっても見た目が雑ではよくないといえます。
丁寧に作るために、時計や指輪、オブジェをあげるとしてもプロにアドバイスをもらった方が良いでしょう。あるところでは体験コースを用意しているので、丁寧な品が作れます。

意外と贈り物は難しい

感謝の意を表現したいのであれば、お世話になった人に対して高額な商品をあげれば喜ばれるのではないかと勘違いしてしまうことがあります。両親へのプレゼントならごくシンプルなものでも良いのですが、できるだけ気持ちを込めたいものです。

内祝いを贈る際に気をつけたいポイント

一ヶ月以内に贈る

ご祝儀をもらってから三ヶ月を過ぎて内祝いを贈るのは遅すぎるといえます。少なくとも二ヶ月を経過する前には贈るようにしましょう。出産直後の場合は生後二ヶ月になる時点で贈ると良いとされています。お宮参りを待たなくても良いのです。

半返しが基本

結婚祝いや出産祝いのお返しに、贈った金額以上のものをもらってしまうとその人は困惑してしまうでしょう。返って失礼にあたってしまう場合もあります。しかし、これもあくまでマナーなので、事情に合わせて贈るとよいでしょう。

遅れる際は連絡をする

結婚祝いを結婚式の前にもらった場合、どの時点でお返しをすれば良いのか迷ってしまうでしょう。もし入籍だけで済ませる場合は一ヶ月以内に贈るのが基本ですが、結婚式の後に贈るのであれば連絡をしておきましょう。

刃物や割れ物は選ばない

結婚祝いの内祝いには食べ物や品物を選びますが、縁起の悪いものや「別れ」を連想させるものは選ばないようにしましょう。刃物は物を分けるために使われますので、「別れ」を連想させてしまいますし、割れているものも選んではいけません。

日用品や食品を贈る

滅多に使わない品物を贈っても、贈られた方が困ってしまいますので、自分の趣味に偏りすぎているものを贈るのは控えるようにしましょう。子供がいる家庭ならお菓子が良いですし、商品を贈りたいならカタログギフトが適しています。

両親へのプレゼントで人気の品物ランキング

no.1

出生時の体重を現す製品

最近とても人気があるのが、出生時の新郎新婦の体重で人形を作ったり、米俵を作ったりしてプレゼントすることです。両親が子供を今まで大事に思って育ててきた軌跡を感じられることから、近年人気が上昇しているのです。

no.2

思い出のフォトフレーム

これまでの家族が歩んできた歴史を感じられるという点では写真に勝るものはないといえます。思い出の写真を特別にフォトフレームにして納めて飾れるようにすることで、両親への感謝を表現することができます。

no.3

人生を刻む時計

結婚式で両親に贈る品物の考え方としては、今までの時間に感謝するというものが挙げられます。時間を表現するものは時計ですので、手作りの時計だとよりこれからの人生もともに歩んでいこうという思いを込められます。

no.4

プリザーブドフラワー

結婚式では両親への感謝の意を表す場で花束を贈るのはよくあることです。そのため花束はとても贈りやすいものだといえますが、プリザーブドフラワーは枯れることがないのでより両親へのプレゼントに相応しいです。

no.5

旅行券を贈る

子育てを卒業すると親には自分たちだけの時間ができます。そのため、旅行券を贈ってこれまでできなかった長期休暇を過ごしてほしいという人もいます。遠方に住んでいるなら、「新居に遊びに来てね」というメッセージにもなります。

これさえ押さえていれば内祝いもバッチリ

贈り物

可愛い子供の誕生を祝う

子供の誕生を祝ってくれた人には、今後も見守ってくださいという気持ちを伝えるためにもお返しはきちんと行ないます。通販では急ぎのときにすぐに届けてくれるプランもありますので活用できます。

READ MORE
花

購入する際のルール

商品を購入する際はその規約もきちんと確認しておくようにしましょう。実用品を贈ることが多い内祝いですので、不良品があったときの対応をきちんと行なってくれるようなところで注文した方が良いといえます。

READ MORE

相手の気持ちを労る

節目のときには、今まで自分は周囲の人に支えられてきたのだなと実感するはずです。お祝いでは周囲の人が祝ってくれますが、その気持に感謝を表現するために、お返しのマナーは知っておいた方が良いでしょう。

広告募集中